通帳発覚で思いがけない臨時収入!


最近、かなり昔のゆうちょの通帳が実家で発覚した。
社会人になって家を出てから、住所氏名変更やらの手続きと併せて新規にゆうちょ口座を作った私。
そのときに、実家の住所で作った昔の通帳が発覚しなかったことから、旧氏名と住所のまま置き去りにされていたわけだ。
結果的に同一人物でありながら2冊の通帳と口座を持っていることになったまま、かなりの年月が経ったということになる。

発覚は、実家の母がこの古い通帳について連絡をくれたことがきっかけだった。
あまりにも長いこと使っていなかったため、実家に郵便局の方からご通知が来たという。
通知と併せて母から送ってもらったゆうちょの通帳は、通帳のスタイルも最後に記帳したときの日にちも、当時のまま時が止まっていた。
年月が経った今見ると、今とスタイルの違う通帳もずいぶん古い。
口座を開設したままま、昔からほとんど使うこともなかったこの旧通帳。

しかしながらここでビックリが起こる。郵便局の通知ハガキに目を通すと、なんと残額が約2万ほど残っていた。
これは嬉しい。普通に臨時収入を得たのと同じなのだから。
最寄の郵便局で古い方の口座の解約手続きを無事に終えると、この臨時収入をいかに有意義に使うか、さっそく計画を立てた。2万円の臨時収入は大きいので嬉しい。

思いがけない臨時収入はムダにはしたくない。
吟味の上、生活の足しにしたり再度預貯金に回したりと、分散して有益な使い方をしている。
通帳の存在自体忘れていたし、ましてや残額があるとは思わなかったので嬉しい出来事だった。

思いがけないことって思いがけないときにあるものだ。お手数をかけて送ってくれた母にもありがとうを伝えた。

Navigation